弁護士や司法書士に依頼して個人再生を行う場合、必ず委任状が必要になります。

ここでは、委任状とは何か、なぜ個人再生で必要なのか、委任状の書式はどうすればいいのかを説明していきます。

個人再生ではなぜ委任状が必要?

委任状とは、本人の代わりとして第三者に手続きなどを行ってもらうことを正式に任せるための書類で、例えばあなたの家族にあなたの代わりとして市役所で書類を交付してもらうときなどにも使用します。

個人再生では弁護士や司法書士が借金の情報開示請求や裁判所での申し立て・各種手続きなど本人のお金に関する様々なことを代わりに行う必要があるため、正式に委任状をもらわなければいくら弁護士や司法書士であっても個人再生はできないのです。

個人再生で使う委任状の書式は?

個人再生で使う委任状には、日付、本人の住所氏名と捺印、弁護士や司法書士の氏名と弁護士会・司法書士会の名称、管轄の裁判所名、委任する手続きの範囲などを記載します。

ただ、これらをすべてあなた一人で記入する必要はありません。

委任状の書式は弁護士事務所や司法書士事務所で用意してもらえるので、弁護士や司法書士の氏名と弁護士会・司法書士会の名称、管轄の裁判所名、委任する手続きの範囲といった大部分の項目は、あらかじめ記載しておいてもらえます。

つまり、実際に委任状を作成するときには、法律事務所が用意してくれる書式に日付とあなたの住所・氏名を記入し、捺印するだけでOKであることがほとんどです。印鑑が必要になるので、忘れずに持参してください。

他に記入する事項がある場合も、弁護士や司法書士に教わりながら書き込めるので、あまり難しく考える必要はありません。

まとめ

委任状とはあなたの代わりとして他人に何かをしてもらうことを正式に依頼する書類です。

個人再生ではあなたのお金に関する重要な手続きを行うことになるため、弁護士や司法書士でも委任状がなければ個人再生を行うことはできません。

委任状には委任する手続きの範囲など専門的なことも記載しなければなりませんが、書式は法律事務所側で用意してくれるので、日付とあなたの住所氏名を記入し、捺印するだけで大丈夫なようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です