個人再生の返済中にまとまったお金が入ったら、一括返済して借金をなくしてしまいたくなりますよね。

ここでは、個人再生の一括返済で守るべき3つのルールを説明していきます。

個人再生の一括返済は返済開始後すぐに行ってはいけない

個人再生の手続きが完了した後、返済が始まってから臨時収入があった場合、一括返済してはいけないというルールはありません。

しかし、本来、個人再生はお金がなくて元々の条件で借金を返済できない人が行う手続きであるため、返済が始まったばかりの時期に一括返済を行ってしまうと、お金を借りた会社の反感を買うおそれがあります。

下手をすると財産隠しを疑われて個人再生の見直しを求められてしまうかもしれないので、一括返済のタイミングについては弁護士などのアドバイスを受けて決めたほうがよいでしょう。

個人再生の一括返済はすべての会社に対して平等に行うこと

個人再生では「債権者平等の原則」といって、お金を借りた会社や個人に対しては平等に返済をしなければならないというルールがあります。

そのため、個人再生後に一括返済をするときも、特定の会社だけに返済するのではなく、すべての会社に対して同じように返済する必要があります。

どの会社にいくら返済するべきか、という点も専門家の判断を聞いた方が確実ですので、余計なリスクを避けるためにも弁護士などのアドバイスを受けてください。

個人再生で一括返済をしたくても無理は禁物

早く借金をなくしたい場合でも、お金の余裕は維持しつつ返済を行うようにしてください。

個人再生では借金の利息がすべてカットされているため、一括返済を行っても返済総額が小さくなることはありません

一括返済のメリットは早く借金がなくなることで精神的な負担が消えるということだけですので、生活を圧迫するような返済の仕方になってしまっては本末転倒です。

一括返済は職場での収入アップや遺産相続、宝くじの当選など、正当な理由があるときにだけ行うようにしましょう。

まとめ

個人再生の返済が始まってすぐに一括返済をしてしまうと、お金を借りた会社から財産隠しを疑われるおそれがありますので、一括返済の時期には注意してください。

また、一括返済をする場合には偏った返済方法ではなく、すべての会社・個人に対して平等に返済を行うようにしてください。

なお、個人再生では利息がカットされているので、一括返済したからといって返済総額が小さくなるわけではありません。

ですので、個人再生の一括返済は、生活に余裕ができたときに弁護士などと相談しながら行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です