個人再生は借金の元本を大幅に減額できる強力な債務整理ですが、任意整理と比べて費用はかなり高めになるので、お金の心配から個人再生に踏み切れないという人も少なくないと思います。

ここでは、法テラスを利用して個人再生の費用を割安で後払いにする方法を紹介します。

個人再生の費用を後払いにしてもらえる「法テラス」とは?

「法テラス」とは、正式名称を「日本司法支援センター」という国の公式な法人で、お金がない人を対象として無料法律相談や弁護士費用・司法書士費用の立て替えといったサービスを提供しています。

法テラスを利用できるのは、1人暮らしの場合で月収18万円以下財産が180万円以下の人が目安です。

個人再生の費用を後払いにしてもらう場合は弁護士費用や司法書士費用の立て替えを利用することになりますが、その場合でもまずは無料法律相談に行って事情を説明してからとなります。

法テラスで個人再生の費用を後払いにするときのポイント

個人再生を希望している人がいきなり法テラスに行くと、法テラスが選んだ弁護士や司法書士に依頼して個人再生を行うことになってしまい、自分で弁護士選びや司法書士選びができません。

一方、先に弁護士事務所や司法書士事務所を探して事前相談に行っておき、その後で法テラスに相談する「持ち込み方式」を利用すれば、あなたが選んだ弁護士や司法書士に依頼しつつ、費用は割安で後払いにしてもらうことができるのでオススメです。

なお、法テラスで費用の立て替えを利用する場合は、給与明細や確定申告書などの収入を証明する書類や、世帯全員の住民票などの書類が必要となりますので、無料法律相談の電話予約をするときに、必要な書類を確認しておきましょう。

まとめ

個人再生の費用を後払いにしたい場合、最も確実なのは法テラスを利用して弁護士費用や司法書士費用を割安で立て替えてもらうことです。

月収18万円以下・財産180万円以下の人なら、無料法律相談に行った後で立て替えサービスを利用できます。

なお、自分で弁護士や司法書士を選びたい人は、先に法律事務所を探して事前相談に行ってから法テラスの無料法律相談に行く「持ち込み方式」を取るのがオススメです。

また、法テラスのサービスを利用するためには給与明細や確定申告書、住民票といった書類が必要なので事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です