合格をサポートしてくれる予備校の選び方

コストから予備校の質を知る

平均費用はどのくらい?

当然のことながら予備校へ通うのは無料ではありませんし、仮に今回合格出来なかった場合は来年まで通うのがほとんどです。一度の試験で合格出来ないケースもありますので、入校する際には費用をしっかりと把握した上で入校する必要があります。
とはいっても予備校、または特化しているポイントや指導方法で費用が異なりますので1年間の平均が約80~500万円と言われています。更に安い予備校もありますが、テキスト代や入校料が発生する場合もありますので、事前にしっかりと確認してください。
中には全寮制の予備校もありますが、その場合は生活費としてプラス100万円程度必要になります。合格するまで予備校に通い続ける方はこれらのコストを頭の中に入れておくべきです。

ランニングコストが発生する事を理解しよう

入校にかかる費用は支払ったのでもう大丈夫、そんな事はありません。アナタがこれから学習していく中で使うテキストや交通費、終わった後に外食する場合もあるでしょう。これらの料金をしっかり算出していますか?
また1度で合格すればよいですが、叶わなかった場合は次回もチャレンジするのでしょうか?それによって大きく費用が異なりますので、入校の際に発生する金額以外にもランニングコストが必要であると考えましょう。
ちなみにランニングコストの平均は30~50万円ほどで交通費や食費などは別です。予備校によっては早期割引やテキスト代が安くなるキャンペーンをしているケースもあるので、それシーズンを狙って入校するのも賢い手段ではないでしょうか。