合格をサポートしてくれる予備校の選び方

どんな予備校を選べば良いの?

どんな学校でも合格するにはそれなりの学習量が必要ですし、その方法に関しても様々です。予備校に通い、そこで講義を受けるのは最もポピュラーですし昔ながらの方法でもあります。

今回は予備校の選び方にスポットを当てて説明しているのですが、他の学習方法に関しても紹介していきたいと思います。まず独学です。誰にも頼らずに参考書を使って自身で勉強をしていきます。この方法は自分のペースで学習出来る反面、モチベーションの状態によっては上手く計画が立てられない可能性があります。

続いてはオンライン講座です。ネット環境がある場所であればどこでも講座を受ける事が出来ます。しかし実際に講師がいる訳ではないので独学と同じくモチベーションが下がりやすく、且つ不明点の質問をする場合もメールやチャットベースになるのでレスポンスが遅く、リアルタイムでの解決は難しいといえます。
どの学習方法も一長一短となりますので、より確実性を求めるのなら予備校へ通うのがベターです。しかし予備校といって様々ですし導入しているカリキュラムや過去問集、学習方法も異なります。医学部という専門的であり、且つ難易度の高い学校へ進むにはどのような予備校を選択すればよいのでしょうか。

また自分に合った予備校を見つけるポイントについても公開していますので、これから入校する方はもちろん既に予備校に通っているのは良いが中々偏差値が上がらないという方も参考にしてみて下さい。

医学部に合格するための勉強方法

医学部に合格するために日夜多くの方が勉強に励んでいますが、独学のみで勉強している方は数少ないといえます。 多くの方は予備校へ通い、専門的な勉強を行って対策をしています。医学部に特化している予備校でなければ意味がありませんので、その点について説明しています。

指導方法から自分に合った予備校を探る

メディアなどで有名校だと謳ったり、合格率を宣伝したりする予備校が必ずしも良いところではありません。どのような指導方法を目指しているのかと知れば、自分に合った予備校選びの重要なポイントになります。 また指導方法を知る事で、信頼するに値するかの判断材料になります。

コストから予備校の質を知る

どんなにカリキュラムや指導方法が向いていても、捻出出来ない費用であれば通い続ける事は出来ません。 コストの事ばかり考えていても、勉強に身を入れる事が出来ないので入校時にしっかりと確認する必要があります。また平均費用についても算出しているので、役立つ情報となります。